神楽坂恵、鬼才・園子温監督と結婚へ! 11月公開の監督作ではヌード披露!

元グラビアアイドルで女優の神楽坂恵(かぐらざかめぐみ=30)が、映画監督・園子温(そのしおん=49)と年内に結婚することが23日、分かった。

関係者によると、二人は約2年前に知人を介して知り合い意気投合。
今年1月に公開された園の監督作『冷たい熱帯魚』では、神楽坂が主人公の妻役を熱演。
来月12日に公開される最新作『恋の罪』でも、主演の一人を神楽坂が務めている。

同作は90年代に東京・渋谷のラブホテル街で起きた殺人事件を通して、3人の女の壮絶な生きざまを描いた衝撃作。
神楽坂は大胆なオールヌードに挑戦し、5月にカンヌ国際映画祭監督週間に同作が出品された際には、
「「この役をできなかったら女優を辞めようと思ってました。監督にいじめられて泣いてよかった」
とコメント。
厳しい演技指導で知られる園監督も、
「とてもいい芝居で、よくついてきたと思う」
と目を細めた。

二人は先月、園監督の最新作『ヒミズ』でベネチア国際映画祭に出席し、その後『恋の罪』が出品されたパリのエトランゼ映画祭に参加。
交際開始時期は不明だが、この間に互いの意志を確認しあい、結婚を決めたという。

二人はすでに親しい関係者らに結婚を報告済み。
婚姻届は園監督が50歳を迎える12月18日までに提出するとみられている。

岡山県出身の神楽坂は、2004年にグラビアアイドルとしてデビュー。
B92-W58-H87という抜群のプロポーションで人気を集めた。
2007年にグラドルを卒業し、女優に転向。
映画を中心にその演技力は高く評価されており、来月26日には出演作『寄性獣医・鈴音 GENESIS×EVOLUTION』が公開される。

一方の園監督は、1987年に『男の花道』でぴあフィルムフェスティバルグランプリを受賞。
続く『自転車吐息』がベルリン国際映画祭で正式招待作品となるなど、90年代のインディーズ系映画界を席巻した。
2001年以降はメジャー映画会社とも手を結び、ベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞した『愛のむきだし』やEXILE・AKIRAの初主演映画『ちゃんと伝える』などを発表。
最新作『ヒミズ』に主演した染谷将太(そめたにしょうた=19)と二階堂ふみ(にかいどうふみ=16)は、9月のベネチア国際映画祭で新人俳優賞を受賞した。(伊原)


関連ニュース
映画監督・園子温が妻・神楽坂恵のディープキスに激怒! アノ俳優とガッツリ舌絡めた!
関連テレビニュース
注目ワード
【人物】
神楽坂恵
【キーワード】
神楽坂恵 園子温 結婚 映画監督 ヌード 映画 出品 映画祭 主演 関係者 演技 監督 関係 神楽坂 女優 芸能人ヌード 芸能人 ヌード
【ニュースカテゴリ】
結婚
出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau