飯島愛死亡前高熱で体調を崩していた!美川憲一が証言
(12/26)

24日に東京・渋谷の自宅マンションで死亡しているのが発見された元AV女優・飯島愛(いいじまあい=享年・36)について、警視庁渋谷署は25日、東京・大塚の監察医務院で行政解剖を行ったところ、遺体は死後約1週間経過していたと発表した。

ただ、死因については特定できなかったため、引き続き病理検査を行い詳しい死因を調べている。

一方、「サンケイスポーツ」によると、飯島さんは死の直前、高熱で体調を崩していたことが新たに分かった。

警視庁渋谷署によると、約1週間という死亡時期については、遺体の腐敗状況などから推定。

自宅室内には風邪薬や睡眠薬のハルシオンなど数種類の薬品があったが、いずれも医師が処方したもので、薬物反応や薬の大量摂取については「分からない」としている。

引き続き行われる病理検査で、薬物の服用と死亡との関連を調べるという。

同署によると、検査結果が出るまでには「今までの例だと何日か、かかっている」としている。

渋谷署と監察医務院には飯島の両親が駆けつけ、遺体と対面した。

飯島の父親はテレビ局の取材に対し「2月ぐらいに法事で会ったときは元気でした」と言葉少なに語っていた。

一方、サンスポによると、飯島と親交の深かった歌手・美川憲一が、飯島は死亡する数日前、高熱を出していたと証言している。

美川は同紙の取材に対し、関係者を通じて、「(新しく始める)事業を手伝っている人から聞いた話だと、何日間か39度以上の高熱が出ていて、数日前には40度近い熱が出て『体調が悪い』って言っていたらしい」と証言。

また美川は「彼女のために手を差し伸べるという人も多くて張り切っている感じだった。夢をふくらませていた矢先のことで私もショックです」とコメント。飯島と最近まで頻繁にメールのやりとりをしていたという。

飯島は今月17日ごろから女性のためにバイブレーターやコンドームをネット販売するサイト「ポルノ・ホスピタル」を立ち上げる予定だったとされている。(淺川)


関連ニュース
故・飯島愛のブログが閉鎖へ! 「区切りをつけなくては」と両親が決断!
ASKAと飯島愛がシャブセックス!? ハメ撮りテープ流出に怯えて薬物乱用!?
飯島愛西川史子、毒舌同士の決定的な違いを「金スマ」で晒される!
飯島愛一周忌で昔の友人らが「コンクリート殺人事件」との関わりを否定!!
飯島愛"セックスビジネス"! コンドームやバイブを販売開始!!
注目ワード
【人物】
飯島愛
【キーワード】
飯島愛 サンケイスポーツ 美川憲一 AV AV女優 コンドーム 自宅 遺体 取材 死因 証言 病理検査 渋谷 東京 検査 飯島
【ニュースカテゴリ】

出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau