リア・ディゾンの正体は日本人!?ペラペラ日本語の謎!!
(05/24)

「グラビア界の黒船」「21世紀のアグネス・ラム」といったコピーで売り出されているリア・ディゾン。

アメリカ時代の乳首画像やセックス動画? の存在や、それらの流出は「計算?」との疑惑が噂されたりと話題には事欠かない。

ついには仰天疑惑が浮上だ。何と彼女は純粋な日本人ではないのか? というのだ。

彼女のプロフィールは、フランス系アメリカ人の母と、中国系フィリピン人を父に持つダブルで、ネバダ州ラスベガス出身。日本語はほとんど話せないというもの。

しかし、実は日本語がペラペラなのは発覚済み。週刊文春では「まんまと小誌記者も騙された、リア・ディゾン日本語ペラペラ」との記事にしている。

更にあやしいのは、彼女の好きなミュージシャンだ。

XJAPANや森山直太朗、宇多田ヒカルなどの邦楽系のアーティストが挙げられているが、リアが来日したのは昨年の春。

さらに好きなPVが椎名林檎の「歌舞伎町の女王」と謎は深まる。

旬の過ぎた宇多田も、さらにその前がピークの森山や椎名檎、XJAPANが出てくることが不思議だ。日本人の20歳の女の子で、これらのミュージシャンを好きという層がどれだけあるだろう。

また、好きな食べ物は、キムチと焼肉。アメリカ育ちにしては非常にユニークな好みだ。

さらなる衝撃は、リアの公式ブログに「あたりまえだのクラッカー」という現代日本では完全に死語になっているフレーズが見つかったことだ。これはテレビがまだ白黒だった頃。1960年代に流行したフレーズなのだ。

このブログは彼女が書いた英文を翻訳して掲載するスタイル。

この「あたりまえだのクラッカー」も、リア自身がローマ字で書いていることが確認できた。

こうなると、年齢疑惑とまで言いたくなるところだ。

しかし、事務所はあくまでも「カタコト」しか話せないとアピール。

週刊文春だけではなく、中川翔子のブログ「しょこたん☆ぶろぐ」でも、一般の日本人並みに日本語を話せることが暴露されているから、もう白日の下にさらされた「事実」を無視し続けていることになる。

「どうやらリア・ディゾンの経歴、つまり『アメリカのウェブページに自身の写真を掲載したところ、世界中からアクセスがあり、特に日本からのアクセスが多く、リアがそれを知って日本の芸能事務所に売り込んだ』というストーリーは計画的に作られたもののようです。

実際リアはウェブページに自分の写真を公開して、人気になりましたが、これはよくできたプロモーションの一環。その頃からリアは日本でデビューすることが決まっていたんです(編集者・ナイスポ)」

「実はリアは過去に日本で住んでいたことがあるんです。

だからかなりの日本通だし、日本語もしゃべれるのです(芸能事務所関係者・同)」

でっちあげた「シンデレラ・ストーリー」を守るため、言葉が不自由なフリをしているということか。

とはいえ、要はリアにとっての「アメリカ」が「こりん星」のようなものだと思えば、別に芸能界でもよくある話? ということになる。

こりん星については、所在地は港区だと小倉優子自身が語っていたが、さて、リアの「アメリカ」はどのへんにあるのだろうか。キムチ好きということで、意外と大久保や川崎、鶴橋かもしれないが。(淺川)


関連ニュース
リア・ディゾン、“非公認”DVDバカ売れで、“ママタレ路線”が大ピンチ!?
リア・ディゾン、3日遅れで第1子女児出産
妊婦リア・ディゾン妊娠8カ月でアメブロ公開収録に登場
リア・ディゾン妊婦ヌードについたお値段1,400万円
和田アキ子、デキ婚リアを一喝! 「アホかっちゅうねん」
注目ワード
【人物】
リア・ディゾン
【キーワード】
グラビア界の黒船 21世紀のアグネス・ラム リア・ディゾン 乳首 セックス 事務所 芸能事務所 彼女 週刊文春 本人 芸能 疑惑 写真
【ニュースカテゴリ】

出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau